お勧めチャイナドレス

コスプレ

Pocket

チャイナドレス 清潔で美しくすこやかな毎日を目指す

      ありがとうございました。    初!出展無事終了する事ができました。
「横浜ハンドメイドマルシェ」
今年の一つの目標が日本での出展でした。皆さんの協力のおかげで無事終了する事ができました。会場の広さと出展数の多さにびっくりです。
懐かしいお友達もたくさん駆けつけてくれてくれました。懐かしい同窓会のようでした。
当日は、いろいろなトラブルもありました。お店のセッテングも初めて、しかもぶっつけ本番なので足りないところや反省点いっぱいでした。
「clayboutique香港」という名前で出展しました。香港を意識してチャイナドレスを着てみました。耳には月餅ピヤスをつけて。。。
人気だった月餅ピアス!
日本で初めて販売してみましたがお客さんの興味の引くものが香港と全然違うという事がわかりました。やはり小さい小物が人気でした。この事がわかったのが私達の一番の収穫です。
経験しなくてはわからない事いっぱいです次回の参考にして出展内容を変えていこう!とまた課題がいっぱいです。
ここまで支えて来てくれて一緒に頑張ったOさんとYさんにも感謝です。この経験からまた新しいミニチュアの世界作って行きたいと思います。
次回は8月4日5日東京ビックサイト真夏のデザインフェスタに出展予定です。
初めての出展は思っていた以上に大変でしたその分沢山の学びとご縁が広がった事は何よりの私達の財産になりました。
終了後は、レモンチューハイで乾杯🍋体に染み渡る美味しさでした。
今度は、数日後に控えている香港での出展に備えて頑張ります。香港らしい商品が勢ぞろいです。お楽しみに。。。
💜コンラッドホテル香港6月4日月曜日10時〜19時
「香港でしぼり染め」のゆきこさんと一緒に出展します。彼女の素敵な作品も勢ぞろいです。

皆さんのお越しを心よりお待ちしています❗️

チャイナドレスになる人は代理人の一人くらいいるもんです。

①ではプロボクシングのアジア諸国との対抗戦を考える上で、vsフィリピンと韓国との試合について考えだが、②では先日(2017年10月20日)観戦した、日中対抗戦について考えていきたい。
今回の日中対抗戦に関しては、東京のボクシングプロモーション会社のDANGANが、並々ならぬ覚悟と期待を込めた興行というのはヒシヒシと感じた。
メインは中国人のインター(二軍)王者と元日本王者とのスーパーライト級(63.5kgリミット)のノンタイトル8回戦。
なのに7対7の対抗戦で、選手全員をリングに上げて日中両国の国歌斉唱。中国人は女性の声楽家まで呼ぶ気合いの入れ様。
何故かラウンドガールは6人のバニー姿のお姉さん達。中国が相手だったらチャイナドレスの方が会場に合うのでは?とも感じた。
試合前日には、東京ドーム内のスポーツカフェを借り切ってのリングアナがコールしながら計量。中国人拳士が相手の日本人に頭突きをかまして一触即発の香ばしい雰囲気の展開に…。
オーロラビジョンにはセミとメインイベントに出場する煽り映像のPVもあり、下手な世界タイトルマッチ顔負けの充実の試合前にあったパフォーマンスだった。
正直、試合は三軍レベルの4回戦の試合がほとんどだったので、試合での感動が全ての試合で創出された訳ではない。
しかし、中国人拳士が苦戦している時に、中国人の観客から「加油!(ジャーヨウ・中国語で『頑張れ』という意味)」と地鳴りの様な応援が…。
正直試合自体が全て高いレベルとは言い難かったが、久しぶりに後楽園ホールの客席からうねりを上げたエネルギーの様な大歓声を聞いた。
今の時代、日本も多民族になりつつある。ボクシング興行の仕組みもこうしたアジア諸国との対抗戦を増やして集客力アップを考えるのもアリだと感じた。

コスプレ

コメントは受け付けていません。