チャイナドレスのファッションカタログ

コスプレ

Pocket

グーグル化するチャイナドレス

数日前のテキーラ祭りが
まるで嘘だったかのように穏やかな朝を迎える。と思っていたら・・・、秘書からしつこい怒涛のモーニングコール。

『若っ!!早く起きてください。出国前に打ち合わせがありますよ!!』
なんの打ち合わせだ?そんな打ち合わせ入ってたかな・・・、と寝ぼけながらもさっさと準備をすませる。用意してロビーに行くと深刻そうな顔をした秘書がこう言った。
『あの・・・ゲストが来てるんです・・・。若に会いたいって。呼んでもいいですか?』
なんだか嫌な予感がしたので滅多に断らないボクが即答で断った。
『いや、、、今日は辞めとくよ。。。なんか気持ち悪い』
すると、ウチの秘書は断ったにも関わらず大声で
『お願いしま〜す!』
と叫ぶ。なんなんだこの流れは一体??と思っていると、よくわからない格好をした連中がぞろぞろと出て来た。
『ハッピバースデートゥーユー〜〜〜』
部屋から上がってくるその姿を見て唖然とした。
『オマエたち、何やってんの?』
と言うと、
『この格好でずっと朝から待ってるんですから!!』
と逆ギレされる・・・。そして、まさかとは思ったが一応聞いてみた。
『え??もしかしてその格好で空港に行くわけ??』
『そんなことしたら捕まりますよ!!GACKTのスタッフ空港で逮捕!ってなるじゃないですか!』
いやいや、チャイナドレスを着て空港に行ったぐらいでは捕まらないだろ。それは個人の趣味の範疇だ。たとえオトコが着てたとしても・・・。そして、たとえかなり似合ってなかったとしても。
で、スタッフからのプレゼントを渡されて早速開けてみる。
『ワインオープナー??かな・・・』
と聞くと違うらしい。どんなワインもコルクを抜かずに飲むことができ、そして保存できるらしい。
とりあえず試してみる。オーパスワンを持って来させ朝から飲むことにする。ブドウをつまみに早朝からのワインも悪くない。なんか贅沢な気分だ。

ボトルの半分を飲んでみた。これで本当に一ヶ月後に残りを飲んでも味が大丈夫なら凄いことだ・・・。もしこれで味に全く問題がないならGACKTのワインバーでもやるか・・・。
時間ギリギリまで香港とやりとりしていたが、これ以上は時間がないということで空港に向かうことにした。少し酔ってて気持ちがいい。
羽田に着いてそのまま出発ゲートに向かう。もうすでに搭乗の時間は回っている。
今回はユナイテッドか。また、あのユナイテッドだな・・・。どうなることやら。

今回も長旅になる。ゆっくりしてこよう。それじゃ、行って来ます。

チャイナドレスを理解するための9冊

コスプレ

コメントは受け付けていません。